ブログ

淡路島のさわら丼

淡路島では、古くから新鮮なサワラの刺身やタタキが漁師たちの食卓を彩ってきました。

さっぱりとした中にも甘さがあって、中トロのように口の中でとろける柔らかい身。
新鮮な生のサワラは皿までなめるほど美味いといわれています。

足が早いサワラは、これまで漁師町の人々以外ではあまり食べる機会がなく、塩焼きや西京漬け(味噌漬け)で食べるのが一般的でしたが、淡路島の食文化をできるだけ多くの人に味わっていただきたいという思いから淡路島の漁師めしとして、生サワラプロジェクトがスタートしました。


今の期間は淡路島の生しらすとさわら丼として提供させていただいております。

「生しらす」と「生さわら」が一度に味わえる!

2017年の淡路ごちそう館 御食国の新メニューは「淡路島産生しらすとさわら丼」。

淡路島を代表するご当地グルメプロジェクトである「しらす」と「さわら」を一度に味わっていただける、季節限定のスペシャルメニューです。

旨味たっぷりの極上しらすと、皮目を香ばしく炙ったさわら。
職人仕上げの上品な醤油ダレが美味しさを引き立てます。


淡路島観光洲本の観光の際は、是非淡路島の生サワラを味わいに来てください。

※仕入れ状況等により提供していない時期がございます。
事前にお問い合わせいただけますようお願いします。


  1. 抹茶 タピオカ
  2. 淡路島でジビエ
ページ上部へ戻る